日本では医療が進歩し、高齢者や年配の方が多い高齢化社会になっています。今では元気に年をとった夫婦だけで住み、孫や子供達と離れて暮らしている人も多くいます。しかし両親も高齢になってくると、「突然病気で倒れたりするかもしれない」といった体調への心配も出てきます。孫との交流をすることが結果的に親孝行になるのも複数世帯住宅のメリットです。これらのメリットに惹かれて多くの人が複数世帯での同居を始めているのです。

高齢の人だけの生活に潜む危険性

年配の方の2人暮らしにはさまざまな危険があります。病気などの問題もそうですが、介護の問題、防犯における安全性などが考えられます。そうした時に近くで住み、何かあればすぐに駆けつけて様子をみたりすることができる環境が重要です。

最近では、二世帯住宅や三世帯住宅などの複数の世帯が暮らす住宅を検討している人が増えています。高齢化社会において、親の介護や世話、孫の成長をみてほしいといった理由から親や、祖父母と一緒に暮らす家を考えている人が多いのです。

一軒家

親と自分たち夫婦での二世帯、もしくは自分たち夫婦と将来子供が結婚して世帯を持った時に同居する二世帯があります。最近では二世帯住宅を建築・リフォームする家族も増えています。少子化の影響から将来的な二世帯住宅を検討することも多いようです。また、医療の進歩で長寿になってきており、孫世代が成人し結婚する頃でも、祖父母が元気に過ごしていることも増えてきています。そのため、祖父母、両親を含めた三世帯、四世帯の住宅で過ごしている家族も多くいます。

二世帯、三世帯での暮らしを考え始めるには、きっかけがあります。介護や、親孝行、孫との触れ合いのためなど、複数世帯での同居を考えるきっかけはさまざまなものです。

woman

(東京都杉並区/専業主婦)

安全に暮らせる住まいにしたい!


家に子供だけの時間があるので、防犯を考えると家に両親がいる方が安心!

men

(東京都葛飾区/会社員)

高齢になる両親のことを考えて同居を検討中

いつ両親が病気になってしまうか、誰にもわからないから両親の小さな異変に気づけるようにしたい。

women

(東京都板橋区/パート)

三世帯だから築ける家族の絆を大切にしたい

孫の成長を一緒に見守ってほしいし、親孝行をしたい。

子供と男女

共働きをする夫婦が増えている昨今では、防犯上年配の両親だけでなく、子供の安全についても心配ですね。家に常に誰かがいる環境は子供や親のどちらにとっても安心ができます。また年配者の死因にも多いくも膜下出血など、急に襲ってくる病気の生死を分けるのは早期発見です。すぐ異変に気がつける距離に住むことで早期発見に繋がります。それ以外にも小さな頃から成長していく孫を一緒に育てることができるのは祖父母や、親にとっては嬉しいことです。親孝行になるだけでなく、心根の優しい子を育てる上での情操教育にもなります。

共働きで子供の面倒を見てほしい時にすごく助かりますよ!

自分の子供の面倒を見てもらえるので仕事もしやすいから、本当に助かります。
女性(目黒区/会社員)

家族の健康状態がすぐに分かる安心感があります

母や父の体調が悪い時に、看病をすることができるようになって良かったですね。同じ家にいる安心感が大きいです!
(杉並区/会社役員)

高齢になった親の介護も、同じ家なら負担が少ない!

60代になった父の介護も、元気な母と2人で行なうことができるので介護疲れの負担が少ないです。(江東区/専業主婦)

二世帯、三世帯住宅は、家庭内で助け合いながら住むことができるのがメリット。近年では老々介護が問題になっていますが、同居は一緒に住むことでお互いの負担を軽減大きなメリットでしょう。1人が背負い込むことなく分担で介護を行なえるため、精神的にも肉体的にも負担が少なくなります。

二世帯や三世帯などで住むのなら、やはり一戸建て住宅が最適です。マンションやアパートは部屋が狭く、間取りの融通が利きません。プライベートやプライバシーに配慮して部屋を区切るのも難しいでしょう。しかし、複数世帯で暮らすことにおいて一戸建てであればいくつものメリットがあります。

  • 4人構成などの多人数構成に対応しているので部屋が広い
  • 玄関やキッチン別など、間取りの改築がしやすい
  • リフォーム次第でどこまで共有するかを決められる
  • ローンを組むことで支払いを子世代への引き継ぎも可能
  • 維持費も両親と折半で済むなどの経済メリット
  • 作りによっては、必要がなくなった部分で教室や趣味のスペースにも使える
  • まず、一戸建てのメリットとしてリフォームが自由なので、玄関やキッチン、トイレなど、共有したくない場所を別に作ることができるという点があります。部屋を通路やドアで分け、共有スペース以外を分離型にすることで騒音や会話、プライベートやプライバシーへの配慮が可能です。お互いにストレスなく長期同居することができるなら、結果的に、賃貸マンションを2部屋借りるよりも費用面でお得になることもあります。

    自然

    東京都23区内でも人気の高いエリアと言えば、杉並区。最近は住みたい街ランキングでも、10位以内に急浮上したエリアとして注目されています。その背景には、街灯の設置、監視カメラの設置、パトロール強化など新しい施策を取り入れて犯罪率の減少やごみ問題に対処してきたのです。伝統が残る地域でありながら、若者が多く住んでいることで、杉並区という街は常に革新を繰り返して成長しています。杉並区は今後さらにランキングの上位にあがることが予測されます。また、杉並区は住宅街としても人気が高いのでしょう。荻窪、高円寺、吉祥寺などは幹線道路や電車で都心へのアクセスがし易く、さまざまな商業施設が周りにあります。土日は中央線快速が通過する場所のため、比較的地価が安い西荻窪も、駅周辺での買い物には困ることはありません。都会の喧騒から離れているため自然も豊富ですし、女性に人気のあるカフェやアンティークショップ、のあるカフェやアンティークショップ、ケーキ店や商店街なども多くあります。また、方南町は新宿渋谷に近く若者が多いことから娯楽施設、ショッピングエリアなどが多くあります。杉並区は住んでいる人口も多く離婚率の少ない安定した場所です。年齢層の違う家族で構成される二世帯や三世帯でも住みやすい場所と言えるでしょう。