リフォームと中古一戸建てで理想の不動産へ~家族が寛げる空間を創ろう~

住宅模型を持つ女性

予算を決める

新築や注文で建てるよりもリフォームの方が安くなります。中古一戸建てを探すにしても、まずはどの程度の予算で行なうのかを考えることが重要です。お金は無限ではありませんから、自分の代で払える予算にするなど支払い計画も念頭に入れて予算を考えましょう。両親も支払うのであれば、合わせた金額を予算として家や住宅、家具など出費分をしっかり考えないといけません。無計画に選ぶと家の維持費やローンで、何年も多額の金額を払い続けることになります。

エリア指定する

住む場所はかなり重要です。治安、交通、病院やスーパーなどのライフライン、子供が通う学校など近くにあるか、問題ないかを調べておく必要があります。街頭がなく治安が悪い場所では、夜道で犯罪に巻き込まれる恐れが高くなります。交通の不便な場所や、買い物ができる場所が近くないとかなり不便です。アクセスがしやすく、治安がいいことはまずエリア選びにおいて重要です。必要施設が近くにあるのか、地価がかなり高くないかも調べておくと良いでしょう。

不動産会社と見学をする

エリアや予算が決まったら、実際に住むための中古住宅を見学しにいく必要があります。見学する時には不動産会社と見学を行ない、設備や建物の注意点を確認しておくのが大事です。傷や欠陥、問題、周辺環境など住む前にできる限り情報を聞いて決めましょう。リフォーム費用や、不動産会社によってはリフォームサポートがある不動産会社もあります。よく相談して、お得なプランやキャンペーンがあれば利用し、中古一戸建てを賢く購入しましょう。

保証内容などを聞く

エリアや予算が決まったら、実際に住むための中古住宅を見学しにいく必要があります。見学する時には不動産会社と見学を行ない、設備や建物の注意点を確認しておくのが大事です。傷や欠陥、問題、周辺環境など住む前にできる限り情報を聞いて決めましょう。リフォーム費用や、不動産会社によってはリフォームサポートがある不動産会社もあります。よく相談して、お得なプランやキャンペーンがあれば利用し、中古一戸建てを賢く購入しましょう。

  • 一戸建て住宅を購入したら、二世帯や三世帯でも暮らせる?
  • 広さがあるのでリフォームを行なって環境を整えれば、暮らせます。
  • リフォームはどこでも自由にできるのか?
  • 建物のある立地、土地によって制限がかかる場合があります。

一軒家と道路

中古一戸建て住宅は、建築された頃に主流の多人数な家族構成に合わせてあるため、部屋自体のスペースが大きくとられています。広々とした間取りであり、人が多くなっても十分に対応できると考えられます。また中古物件はリフォームが可能なので間取りの変更や改築で二世帯、三世帯で暮らす場合にも対応しやすいと言えるでしょう。中古一戸建て住宅を選ぶ時には、後に備えて増改築が可能な住宅を購入しましょう。日本の建築法では、4m以上の横幅の道路に2mの範囲で接地していれば増改築が可能です。接地道路が4m以下の場合は、道幅を4メートル開けなければならないため、利用できるスペースが小さくなります。例えば、道幅が3メートルなら、その道に2メートルの範囲で接地している場所を道から幅1m分開けた土地までの増設や建築を行なうことができます。実際改築できる土地は全体から1m分の幅が引かれるので狭くなります。住宅探しを行なう時はこの点にも注意して購入を検討しましょう。

笑顔の夫婦

複数世帯の住宅では、どこかに共有できる部分を持つことが重要です。完全に分離した独立スタイルなら、庭や外廊下、テラス、中庭などお互いがくつろいだりできる共有スペースを用意すると良いでしょう。部分共有なら、共同で使える部屋や和室などでお互いのコミュニケーションを図れる場所を作ることができます。またそうした場所では、バリアフリーを意識した段差のない設計や、手すりといったリフォームを取り入れるとお互いに便利な優しい環境になると考えられます。賃貸のマンションには勝手に間取りを変えたりするリフォームを行なうことはできません。しかし、中古一戸建て住宅では建築法に準拠していればリフォームをすることが可能です。共有スペースを作るのなら中古一戸建てでのリフォームがオススメです。

待機児童問題や、高齢化の問題が多くなってきている今の時代にこそ、二世帯や三世帯でのお互いを助け合える環境が必要になっていると考えられます。十分な広さのある一戸建て住宅でリフォームをすると、家族に合わせた家を作ることが出来ます。多くの人が解決したいプライバシーやプライベートに関する問題は世帯の数やライフスタイルの変化に合わせて、対応させることで解消することが出来るのです。他にも介護や、子育て、税金で物価や地価などの高騰における経済面の問題を緩和することができることからも二世帯や三世帯などの複数世帯暮らしに多くの家族がシフトしています。