ストレスフリーな生活~人気のある街の一戸建てに住もう!~

二世帯、三世帯住宅には完全同居型や一部同居型、分離型などのスタイルがあります。どの程度共有するのか、どこを別にするのかなどの間取りや広さ、行き来できる動線があるのかないのかを住む家族に合わせて考える必要があります。土地の広さだけでなく、そうしたスタイルによっても価格が変動します。大きさなどにもよりますが、同居型が1200万円のところを完全分離型で2,000万円以上かかることもあります。複数世帯の住宅造りでは、共有する設備が多いほど安くなります。そのため、共有しない設備が多いほど高くなるので、予算や土地の広さからどのスタイルが一番適しているか考えましょう。

複数世帯の場合、共有設備が多ければ安くはなります。しかし、部屋数を増やすだけではプライバシーやプライベートに配慮ができるとは限りません。同居スタイルから自分たちに合った家のスタイルを良く考えることが重要です。ここで、住宅設備面でどのような一戸建てを選べばいいのか、見ていきましょう。

キッチン

・一つのキッチンで義母と自分がやっていけるのかが重要。
・価値観の違いで苦労しそうな箇所は別々に作る方が後のトラブ
   ルを避けられる。

お風呂・洗面台・トイレ

・生活のサイクルにより、設備を利用する優先順位を決める必要
   がある。
・洗面台やお風呂、トイレなどは共有するかを考えておくと良い。

二世帯、三世帯で住む住宅には基本的に3タイプの住居があります。世帯構成やライフスタイルなど、それぞれの家庭によって選ばれる同居スタイルが違います。種類別の特徴を見て、自分達家族に合った家を探してみましょう。

完全同居型

・玄関や水周りなど共有で、1階にキッチンなどの設備がすべてある。
・1階は共有施設が多く、部屋は少なめ。
・2階以降にはバルコニーやトイレ、それ以外はすべて部屋や収納になっている。
・1階に祖父母や両親が住んで、2階以降に子世帯が住むことが多い。
・設備が共有のため、リフォームの価格が安く済む。
・設備が少ないので、設備にとられる面積が少なく、広々とスペースを使える。
・狭い土地での複数世帯住宅でも適応できる。
・階段で上下に分けられているので、行き来しやすい。
・プライバシーの面では、お互いのルール作りが重要。

一部同居型

・玄関や庭は共有、それ以外は各階にキッチン、風呂、トイレなどの設備をしている。
・お風呂は共有など生活スタイルで共有する部分を設定することが可能。
・一部の設備を共有することでその分の価格を安く抑えることができます。
・共有したくない場所を分けることでお互いのポリシーや冷蔵庫事情への配慮できる。
・生活時間やサイクルが違っても、ほかの世帯の都合を邪魔しない。
・冷蔵庫やキッチンでの意見衝突を避けることができる。

完全分離型

・同じ建物でも完全に別室のタイプ。
・すべての設備が各階、各世帯に設置されている。
・玄関も別で、庭や外通路を共有する形になる。
・設備をすべて別で作るので、価格が1.5倍ほど高くなる。
・片方の世帯の家を使わなくなった時に貸し出したり、分譲販売したりすることも可能。
・同じ敷地内ではあっても完全に別の家として暮らすことができる。
・プライバシーやプライベートへの配慮ができるメリットがある。
・価格が他の共有タイプと比べて高くなるデメリットがある。

複数の世帯で暮らす時には、家族間でも共有しておくものと分けておくものを考えておくといいかもしれません。同居をする際は、お互いが暮らしやすい環境にするための配慮として検討しておきましょう。

キッチン テレビとリモコン

まず冷蔵庫についてはお互いのスタイルや癖がでてきますので、意見の相違でトラブルになりやすい部分です。食器棚は中の配置、炊飯器は米の炊き方などの価値観トラブルはうまく回避しましょう。TV、アイロン、掃除機などは各階にあった方が便利です。洗濯においても時折トラブルがあるので、世帯ごとに用意すると良いでしょう。

建売の間取りでは自分達のスタイルに合わない物件も多いことでしょう。ちょうどいい家は見つからないかもしれません。さらに「ここの部分が分かれていたら良いのに」など条件や同居イメージにかなり近いが、ちょっと違うような住宅は多くあるでしょう。中古住宅を購入するとリフォームすることもできます。リフォームも住宅の一部が気に入らない場合、変更したいのならそう高くつくことはありません。中古リフォームは新築や注文で新しく建てるよりも、建物にかかる金額が少なくて済むメリットがあります。例えば、東京都杉並区の場合、新築だと6,000万円~7,000万円台の物件が多いですが、中古になると5,000万円~6,000万円台が多いです。細かなエリアによっても変わりますが、1,000万円近く価格が変わると、その分中古リフォームに予算を回すこともできるでしょう。目当ての住宅が見つからない時は、自分で作って実現する方法もひとつなので、考えてみましょう。